【残1名】人が集まる秘訣は「周波数」。あなたの周波数メイキング講座(全2回)

 
 
起業したら、誰もが悩む、集客問題。
 
今回はその集客問題に、
ずばり切り込みます。
 
 
講師は、あの、皆川公美子さん。
 
東京藝術大学を卒業後、
ソニー・ミュージック・エンタテインメントにて
制作ディレクター等として活躍。
 
その後主婦業を経て独立され、
クミシュラン」という大人の女性向け
アートイベントを主宰するプロデューサーへ。
 
これまで百数十回のイベントを開催し、
のべ1千名以上の方を集客してきた、
イベントオーガナイズ・集客のプロです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そして、最近では、
キッズ向けアートイベントも多数手がけています。
 
 
こう言っては何ですが、
アートイベントとか、キッズイベントって、
自治体などでも支援していることが多く、
近隣の市民センターなどで、無料とか、数千円とかで、
いくらでも受けられますよね。
 
 
それを、それこそン十倍の価格帯で、
集客され、大盛況を呈されているわけです。
 
 
どうしたら、そんなことが実現できるのでしょうか。
 
 
その謎の答えが、これです。
 
公美子さんの持つ、イベント開催の秘訣。
公美子さんが到達した、集客の境地。
 
それは・・・
 
「イベントとは、集客とは、周波数である」
ということ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
私は、公美子さんからこの話を聴いたときに、
右手で深イイボタン、左手でガッテンボタン
連打しまくりました。
 
自分の周波数が定まってなくては、
いくら発信しても錯綜して人が集まらないし、
 
周波数が乱れていると、
誤解を招いて「違う人」が来てしまう。
 
そんな実感値って、ありませんか?
 
 
 
あと一つ。
 
 
何かの「協会」に所属していて、
その下で活動されている方。
 
集客にご苦労される傾向にあります。
 
そんな皆様に、公美子さんは、
「創始者の方と同じ言葉を使ってはダメ。」
といいます。
 
「あなたのオリジナルの資質や強みで立って、
 メッセージを作り出さないと、
 周波数が整わない」
 
そう。
 
「周波数」を考えていくことは、
自分の足で立つこと、
そのものでもあるのです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
少人数制の5名で2日間+間の実践ワークで、
がっつりやっていくこの講座。
 
速攻埋まること必至と思います。
 
ご希望の方は今スグ!
 
以下、公美子さんご本人の言葉で語っていただきましょう。

こんにちは!皆川公美子です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
これまで、数多くのイベントを開催してきました。
 
そのなかでお客様との間に生まれる何か、
をひたすら追求してきました。
 
【お客様と場】ということを考えるすべての方へ。
 
イベントの企画、運営、伝達、集客
(と言う言葉はあまり好きではないけど)・・・
 
人が集まるということを考え続けて到達したのは、
 
その人の「周波数」
場の「周波数」です
 
類は友を呼ぶ、
という言葉が古くからこの「人の周波数」を言い表す言葉ですが
要するに、お客様であっても応援者であっても
「共感」なしにぜったいに人の集まりは存在しないし、
商品やモノは売れない。
 
要するに周波数の波が合う、
ということが人が集まるカラクリなんだと
実感しています
 
ちょっと広くなりますが、
宇宙の法則はただひとつ、
同じ周波数(同じ波形)のものが重なり合う、だといいます。
 
それは人間から出ている波形についても同じことが言えます。
 
告知のFB記事はいいね!
の数によって拡散量がきまるわけですが、
 
拡散と自分のイベントや集まりに
人が集まるかどうかは全くの別物です。
 
それが認知と人の行動のあいだのズレです。
 
企業は豊富な資金力で商品広告を打てていいな、
と思われることがありますか?
 
でもCMで「億」のお金を使い番組タイアップがついても
実は売れるか売れないかは別!
だということをご存知ですか?
 
レコード会社時代、
いくつもその現場を見てきました。
 
要するに量ではなく、
いかに必要な人とつながるか、
ということに秘訣があります。
 
この講座のゴールは、
・あなたの周波数を明らかにする➡自分らしい発信をとらえる
・その周波数を強く出すにはどうすればいいかを知る
・あなたの周波数にあったイベントや集まりとはどういうものかを知る
・実際にやってみる
です。
 
以下のように開催します。

  • ファーストday(1日目) 13:00〜17:00
 
<自分にフォーカス>
 
①社会にはどんな種類のイベントがあるかを知る
     〜星の数ほどあるイベントのひとつ、ではない
 
②周波数について          
     〜早速あなたの周波数はどんなものか確かめて行こう
     〜うまくいくより、自分らしくいく方法
     〜手渡すのは「内容」と「場のチカラ」
 
③自分らしい周波数(発信)とはどういうものか?
  ・自分のタイプを知る(4つのタイプ)
  ・お客様とのマッチングのタイプ(2つのタイプ)
  ・【知り合い力】をつける
  ・周波数による打ち出し方の違いを知る
  ・必ずwin- win であるということ
  ・お客様の何を満たすか? vs 自分は楽しんでいるか?
  ・書くと話すどっちが得意? 
  ・値段の付け方
 
④自信と不安とのの付き合いかた
  ・大手メーカーの実例
  ・世界と自分の位置関係
  ・皆川の成功例・失敗例
 
⑤宿題・課題
 
2週間のあいだフェイスブックグループでフォロー
具体的に発信を見ながらフォローします。
 
「今、◯◯のことどうとらえていますか?」
「◯◯について書くことができますか?」
「いいですね!そのことはシリーズだてにしませんか?」等々
 
書くことはその人が自分と対峙することでもあり、
質においても量においても、
 
今自分がどうしたいのかという
人生における仕事のタイミングというものも関係しています。
 
だから、最終的には自分で決めて進んでいく必要があります。
でないと、途中でとぎれちゃうから。
 
わたしは鏡となって
あなたを映し出すことをお手伝いします。
 
 
  • セカンドday(2日目) 13:00〜17:00
 
世界にフォーカス
 
①シェアタイム
 さらに自分の周波数を明らかに!
   
②自分の周波数を広げるしくみをもう一度
(今度は自分の外側の世界のことを)
 
③夢と人生のドライブ ➡ワーク
              
④これからどうしていくか
 

■こんな方はぜひいらしてください。
 
・人が集まるということはどういうことか知りたい
・イベント・ギャザリングを作りたいがどういう風にしたらいいかわからない
・うまくお客さまや必要な仲間と出会えている気がしない
・SNSでどうやったら自分の良さを広げられるかよくわからない
・いいね!はそこそこつくが、それ以上どうしたらいいかわからない
・自分のイベントの顔ぶれが固定してきている。新しい世界を見たい。
・合わない人と付き合う時間をやめて、自分が生き生きできる集まりを作りたい
・イベンター・オーガナイザーという仕事を知りたい
・場所の選定や人脈のことなど皆川の生々しいノウハウを聞きたい
 
わたしのこれまでのことを洗いざらいお話します。
さあ、自分の周波数を世界に波紋のように広げましょう!
そしてあなたらしいイベント・ギャザリングの場を作ろう。
 

日時: 
・1回目:2018年1月19日(金)13時~17時
・2回目:2018年2月 2日(金)13時~17時
※1回目と2回目の間は、メッセージグループにてオンラインセッションが行われます
 
講座の2日間+2週間のメッセージグループのセッションで
がっつりサポートします!
 
ご参加費:35,000円(税込み) 
 
定員5名 
 
場所: 東京:代々木セミナールーム(JR代々木駅より徒歩3分)
渋谷区代々木1-54-5 J-house代々木202
 
*第1日目はご希望の方は、ランチをご一緒しましょう。
(フォームにてお申し込みください・実費のみ)
 
 
お待ちしております。