僕が毎日午前2時に起きる理由

僕は毎日、午前2時に起きます。

夜9時に寝て、午前2時に起きる。
これを15年続けています。

すごく快適です。

何が快適って、仕事がはかどる

誰からも電話が来ないから集中できる。

メールを出しても、返事が来ないから「やりとり合戦」に追われない。
あと、「夜遅くまでお疲れ様感」が出て、ちょっと相手を威圧できる。

いいことずくめです。

でも、実は2時起きなのはそのためではありません。

実はこの習慣、井上の、根っからのさぼり症が生んだ産物なのです。

昔は、夕食を20時とかに食べてたのですが、食べるとすぐ眠くなる。
でも、明日締め切りの提案書がある。

そんなときに、「頑張ってやる」ことができない僕は、
「一回寝てしまおう」
となるのです。

つまり、自分の快楽優先なわけです。

まさに、「明日できることは今日しない」という精神です。

ちなみに起きた後は、締め切りがホンキで数時間後に迫っているので、
めちゃくちゃ頑張ります。バッファゼロ、です。

最近は提案書などの締め切りには追われなくなりましたが、
子供の寝かしつけついでに一緒に寝てしまう快感を選び、
やはり事務仕事は早朝朝2時に起きてやっています。

家族との時間も大切にできて、おすすめですよ。

ちなみに、「井上さんのお肌がつやつやなのは睡眠のゴールデンタイムといわれる22時-2時にしっかり寝ているからなんですね」と時々おっしゃっていただけるのですが、そのせいも少しはあるかもしれないのですが、基本、ニベアを塗っているのでそのおかげが大きいかもしれません。悪しからず。

 

★有料記事「午前2時に起きる5つの秘訣」(100円)

私も2時に起きたい!でもできる自信が無い。というあなたのために、私が工夫している点を5つ書き出しました。私への質問権もついています。参考になれば幸いです。
https://note.com/nextrecruiting/n/nbe99613e2713